国産ズワイガニはとっても貴重!

ズワイガニの国産というのはなかなか取り扱っていません。毛ガニは北海道産がほとんどなのですが。。。大手の蟹通販サイトをみても、加工地は日本(北海道など)のことが大半ですが、産地はロシア、オホーツクとなっています。

 

しかし、ちゃんと希少価値のある国産本ズワイガニを購入できるショップもあります!贈答、ギフト、お祝いにもピッタリですね。

 

国産ズワイガニを購入できる通販ショップ

北海道網走水産の特徴
北海道の新鮮な蟹を通販できる北海道網走水産。産地直送のズワイガニを全国にお届けします。

【送料】 送料無料の商品、注文合計15,000円以上は送料無料。それ以外は一律1,700円

価格
評価
評価5
備考

北釧水産の特徴
産地はカナダ産、北海道産、ロシア産となっていて時期などで違ってくるようです。産地指定して注文はできないのでどうしても国産がいいという場合はおすすめできません。加工地は日本国内です。

【送料】 送料無料の商品以外は北海道880円、東北・関東1,280円、信越・北陸・中部・関西・中国1,380円、四国・九州1,580円、沖縄2,880円

価格
評価
評価4.5
備考

かに親分の特徴
知床羅臼がに(国産本ずわいがに)を販売している通販ショップです。漁期が短期間なのでとても貴重な北海道産「本ずわいがに」になります。ジャパン・フード・セレクションでも金賞を受賞しています。のし、ラッピングも可能です。

【送料】 送料無料商品以外は全国一律(沖縄を除く)1,080円

価格
評価
評価4
備考

 

 

高級食材の代表でもあり、美味しい食材の代表でもあるカニ。鍋によし、活けカニであれば、刺身にしても、焼きガニにしても、その美味しさは格別です。スーパーの冷凍ケースには、一年中並んでいますが、年の瀬の店内に、積み上げられたカニを見ると、お正月の近いことが実感されるのも日本人独特の感覚でしょうか。

 

国産と外国産のズワイカニの比較・違い

 

 

国産と外国産のカニには大きく分けて3つの違いがあります。国産と外国産それぞれにメリットがあり、単純に国産がいいとはいい難い食材であるのです。それでは2つの違いについて解説していきます。

 

値段の違い

 

最もわかりやすいのが価格の違いです。人件費や燃料費等の関係で一般的に外国産のもののほうが国産より価格が高めです。この安さには遠洋で獲ったものは、管理する関係から冷凍されており、運搬の関係で傷を持った個体が多いという背景もあります。

 

さらに、漁獲量も圧倒的に外国産のほうが多いため、相対的に値段が安くなりやすいのです。ただし、カニの自体の味には国産に引けをとらないほど美味しいので、消費者にとってはお安く食べられて非常にお得です。一方国産のカニは、基本的に価格が高く高級品だとされています。

 

産地によってブランドが付けられており、漁獲後の管理から味付け、加工まで細心の注意を払って市場に出されます。それだけ手をかけて世に出る商品だけあって、その味は段違いの旨味で知られています。また、ブランド化されているカニは、見た目も立派で見栄えが良いため、贈答用にもこぞって用いられています。

 

味と身の違い

 

次に国産と海外産のカニには味や身の状態にも差があります。一般的にカニは寒い地方で育つ生きものであるため、海外産のカニの方が大きくかつ身も味も引き締まっていています。特にタラバガニなどは非常に冷たい海で育つカニであるため、北方の海域のもののほうが美味だとされています。

 

一方で、国産のカニは新鮮さがウリであり、活きた身の甘みを存分に味わうことが出来ます。そのため松葉ガニや越前ガニ等のブランドを持つズワイガニは、国産の方が美味だとされています。ズワイガニのように鮮度の落ちやすいカニは、獲ったその場で食べるのが最も美味しい食し方なのです。

 

加工の違い

 

最後に意外と見過しがちである加工の違いについてです。実は産地と同じくらい加工場がどこであるかというという点は重要なポイントなのです。例えばロシアが加工場であった場合は、味付けが大味になりがちで、塩味が強くカニの風味が薄い傾向を持ちます。

 

逆に海外産であっても加工場が日本であれば、加工自体が他国に比べて繊細である丁寧であるために値段以上の味が期待できるというわけです。安くて美味しいカニが食べたい!という方は、ぜひ産地と合わせて加工場をチェックするとことをオススメします。

 

⇒ 国産ズワイガニ通販・お取り寄せはこちら

 

ズワイガニにも種類がある

 

 

朝刊の中に「ズワイガニ食べ放題」の文字を見かけない日はないくらいに、温泉旅行やバスハイクなどの宣伝に、食べ放題が、書かれています。日本人が、カニを好むのも一因でしょうが、カニは高価というイメージが、ツアーのお得感を高めているとも言えそうです。

 

このズワイガニ、福井では越前ガニと言って、一杯が2,3万円もする高級食材です。同様に、松葉ガニも高級なカニで、島根や鳥取、兵庫などでしか食べられません。しかし、名前は違っても、これらは、どれもズワイガニです。

 

また、これらのカニには、オオズワイガニ、ホンズワイガニ、紅ズワイガニの三種類があります。オオズワイガニは、オホーツク海に、ホンズワイガニと紅ズワイガニは、日本海に生息しています。

 

紅ズワイガニは、別名、水ガニとも言って、殻が薄く、肉質も水っぽく、現地で食べるのには遜色はありませんが、ボイルすると、身が細くなって、他のカニに比べ、味が落ちます。安価で買えますので、食べ放題のカニに使用されているかもしれません。

 

ズワイガニに含まれる栄養って?

 

良質のタンパク質が含まれていることは当然ですが、ズワイガニには、含まれるビタミンや無機質の面に優れた栄養を備えています。赤血球を作るのに必要な栄養素であるビタミン12を含んでいて、それは、また、貧血の予防にもつながる大事な栄養素でもあります。

 

老化を防ぎ、若さを保つアンチエイジングに高価のあるビタミンEも含有しています。カニを茹でると赤くなるのは、アスタキサンチンという天然色素を含んでいるからですが、この色素には、抗酸化作用やアンチエイジングに効果があるとされています。

 

この他にも、肝機能や眼精疲労の回復に役立つタウリン、精力の増進や老化防止に効果のあるアルギニン、疲労回復に効果があると共に、排尿作用のあるアスパラギン酸、脳の機能回復や向上に効果のあるグルタミン酸など、ズワイガニは、実に多様な栄養を含んでいます。

 

訳ありのズワイガニでも美味しい!

 

通販などで、訳ありの品物として、普通よりは安価な値段で売られている商品がありますが、何が、訳アリなのでしょうか。一番多い訳と言うよりも、ほとんど全てが、この訳と言ってもよいと思います。つまり、それは、見てくれです。見た目が気になる程度ですが、訳アリなのです。

 

ズワイガニは、体形上からも脚が取れやすく、水揚げの時や大きな籠で茹でる時、大きさを選別する時などに、脚が折れたり、取れたりしてしまったカニは、どうしても贈答用には使えず、訳アリ商品として安く売られるのです。

 

パッケージでは全部そろって見えるのですが、よく見ると別の脚が輪ゴムで止めてあるような「足し脚」という訳アリ商品が殆どです。甲羅が一部へこんだり、大きさがまちまちだったり、取れた脚の代わりに足された脚のサイズが、全然違っていたりといったものもありますが、味は変わりません。気にならないならとってもお買い得ですよ。

 

ズワイガニの美味しい食べ方

 

何と言っても、美味しいのは、活けガニを使った焼きガニです。ただし、活けガニを入手するのは、現地に行かないと難しいので、そうそう食べられるものでもありません。刺身も美味しいのですが、身は柔らかく、好き嫌いがあるかもしれません。

 

次に美味しいのが、茹でガニです。蒸すと旨味の成分が抜けますので、旨味を閉じ込める茹でに限ります。なお、茹でるときは、甲羅を下にして、ミソが流れないようにします。

 

鍋にするのも後のカニ雑炊が絶品ですが、カニは、生とか活と書かれていない限り、すでにボイルされていますので、食べる直前に、温める程度で入れるのがコツです。長く煮ると旨味が抜けてしまいます。身をほぐして、パスタに絡めるのも美味です。どんな料理でも、どんな食材でも、美味しく食べられるのがズワイガニでもあります。

 

⇒ 国産ズワイガニ通販・お取り寄せはこちら

 

国産ズワイガニ通販を利用した口コミ

 

かに通販バイト先の国産ズワイを買ってみた もりさん

わが家ではあまり自宅でカニを食べるということはありませんでした。それがちょっとした縁で購入することになったのです。たまたま時間があったので期間限定のアルバイトに行き、テレビショッピングなどの通販の注文受付を手伝うことになり、毎日のようにズワイガニのご注文を受けていました。

 

その際に配送や食べ方についても質問され、説明しているうちに自分でも利用したくなりました。単なる手伝いなので社内割引が効くわけでもなく、自分の名前で注文するのが恥ずかしかったので、親に教えて実家で注文をしてもらいました。

 

年末に向けて込み合うことが分かっていたので早めの配送を頼むように伝え、私の帰省時には実家にズワイガニが届いていました。この時のは国産で大きいズワイでした。このズワイガニはボイル済みの冷凍商品だったので、面倒なことがありません。

 

食べる日に数時間冷蔵庫で解凍してからそのままいただくこともでき、大きな脚が食べやすくカットされた状態なので楽々おいしく味わうことが出来ました。もちろん家族大勢で鍋をする時にもそのまま投入して楽しむこともできます。

 

年末になると近くの店頭にもズワイガニが出回りますが、海外産でもやたらと価格が高かったり内容が少なかったりと不満も多いです。その点通販はかなりのボリュームのものがお買い得ですし、冷凍配送で届けられてきます。
お歳暮時期に当たると配送が込み合うので、早めの注文を心掛けると家族で年末年始においしいズワイガニがいただけます。

 

大きなズワイガニでお正月も充実 もっちりんさん

今回初めて通販でカニを買いましたが、開けてビックリ!思っていたより大きなズワイガニでした。お正月に親せきが集まるのと祖父の誕生日なので奮発して多めに購入しました。毛ガニとズワイガニを5杯づつで10杯。身もぎっしり詰まっており、かに味噌もたっぷりありました。お酒にもピッタリでした。

 

かにの美味しい食べ方とは

 

どの蟹も焼いたり、茹でたり、刺身で食べても十分美味しいものですよね。パーティーでも喜ばれる食材として定番のカニはどのような調理方法が一番いいのでしょうか?茹で蟹かにの食べ方でも定番中の定番となりますが、かにの種類別で全然違うので茹で時間も違いがあります。

 

自分で活きた蟹を茹でるときにはやはり塩加減が大切で、塩の濃度はタラバガニ ・花咲がに・ズワイガニは4%程度毛ガニは3、4%くらいがおすすめですよ。茹で時間の目安としては、ズワイガニ800g〜1kgなら20分タラバガニ4kgなら25分毛がに600g〜700gなら18分花咲がに600g〜700gなら18分くらいです。

 

蟹鍋もとても美味しい食べ方の1つで、鍋料理は他の魚介類との組み合わせが楽しめます。さらに締めにラーメンやカニ雑炊も食べれるのもいいところです。焼き蟹は殻の焦げた匂いが食欲を掻き立てる野外料理などでも楽しめます。手軽に家庭用魚焼きグリルでも可能ですが炭火の方がもっと美味しいですよ。

 

蒸し・ボイルにするなら1杯まるまるのズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ、カニ鍋にするなら殻のないポーション、ズワイガニ脚、タラバガニ脚、焼きガニにするなら半むき身やポーションが食べやすいですよ。

 

⇒ 国産ズワイガニ通販・お取り寄せはこちら

 

ズワイガニを買うならどこで?かに通販の選び方は?

 

 

カニの通販は多くほとんどはよい販売業者なのですがごく稀に粗悪な販売業者もあり価格だけ高く本当に小さな蟹が送りつけられ身入りがほとんどないなどという意見もありますね。ここで大切なのが業者選びで信頼できる通販業者を発見するポイントを考えてみたいと思います。

 

代表的なかにといえばズワイガニですが漁場は日本海側が主で特大のものは外国産も多いです。日本では摂れる地域別でブランドとして扱われており松葉ガニや越前ガニと呼ばれ高値で取引されます。

 

お正月や誕生日など友だちと集まるとき必要不可欠なものが大きなズワイガニです。多くの人にとって一番好きな食材といっても過言ではないかもしれません。そんなカニを購入するときに頼れるのがかに通販専門ショップです。

 

新鮮な蟹を販売するカニ通販サイトを選定するときのポイントをご紹介します。

 

加工地もちゃんと表記しているお店がおすすめ

 

私たちがスーパーに行って魚介類を買う時、絶対確認するところといえば食材の産地ではないでしょうか。ズワイガニ、タラバガニなどの場合は北海道、ロシアなどどこで捕獲されたのか正確に表示してある会社は安心できますね。

 

さらに重量はどのくらいなのか正確に記載してあるということも買う人の目線から1つ1つの商品について丁寧な説明を加えているところは信憑性の高い通販ショップといえます。

 

コンビニ払いができるか、お届けまでの日数、送料や美味しい食べ方のこともショップのページに書いてあり問い合わせれば迅速に答えが来るなども見極めるポイントになります。

 

桁違いに値段の安いかには注意

 

尋常でなく安いズワイガニには理由が必ずあります。新鮮さが命のズワイガニですから品質の確保するために一定上の価格になるのは当然のことです。

 

おいしいカニを購入するときはいくつかの通販サイトで相場を調べとんでもなく安いのは警戒も必要です。とはいっても、知名度のあるようなお店は悪質なものは売っていないので心配は不要です。